東京2020大会に向けた円滑な港湾物流の確保のための連絡協議会

 東京2020大会の競技会場の多くは、コンテナターミナルが集積し、物流等にかかる交通需要が集中している地域に立地しています。臨海部周辺地域における交通混雑が港湾物流に与える影響は大きく、東京2020大会に向けて、東京港における円滑な港湾物流の確保のための対応方策を検討する必要があります。
 このため、国土交通省港湾局と東京都港湾局において、関係部署を交えた「東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた円滑な港湾物流の確保のための連絡協議会」を本年6月3日に設置したところです。引き続き同協議会を活用して具体的な対応方策の検討を行っていきます。

令和元年8月8日開催内容
■ 公表資料
議事次第
構成員名簿
出席者一覧
○配付資料
(東京都提供資料)
東京2020大会時の円滑な港湾物流確保に向けたお願いPDF:1.1MB
スムーズビズ集中取組期間における交通混雑対策のトライアル(PDF:1.1MB
東京2020大会時における臨海部混雑マップについてPDF:836KB
城南島ストックヤード実証実験について(PDF:569KB
ゲートオープン時間の拡大トライアルについて(PDF:225KB
(国土交通省港湾局提供資料)
国土交通省からの情報提供(PDF:104KB
議事概要

【参考】国土交通省ホームページ


このページに関するお問合せは以下まで

港湾経営部振興課広域港湾連携担当

電話番号:03-5320-5559(直通)